就活ブログ|就活塾で学ぶ大手内定100の方法

大手内定を実現する就活塾。そこでは一体何を学んでいるのか。その内容を公開した就活ブログ。大手企業からの内定を目指したい、今ひとりで就活と向き合っている…そんなあなたにこそ読んでもらいたい…ブログです。

「自己PR編」の記事一覧

売り手市場の今、第二新卒や既卒の就活こそ差別化で勝負すべき!

第二新卒は就職経験のある卒業後3年以内の人、既卒は大学卒業後に就職経験のない人のことですが、明確な定義がないので企業により違う解釈で使用されたりします。では、第二新卒や既卒で就活に挑む方に大切なことや心構えを解説します。

これだけは誰にも負けない!どんな質問にも必ず意図が隠されている

面接で「あなたがこれだけは誰にも負けない」というものはありますか?と質問をされることがあります。これは、回答が非常に難しい質問です。では、人事の視点で、どんな質問の意図があり、どんな回答が評価を上げるのかを解説します。

「はじめての面接」に挑むための事前準備と押さえるべきポイントとは

就活生の皆さんにとってはじめての面接は、誰でも緊張したり、不安を感じるものですよね。とはいえ、就職活動をしていく上で、面接は避けては通れません。今回は、はじめての面接に挑むための事前準備と対策について、解説していきます。

必読!「学生時代に頑張ったこと」で失敗しないために知るべきこと

就活をする上で必ず考えなくてはならない「学生時代に頑張ったこと」というテーマ。ここでライバルに差を付けられるのは「内容で差別化するか」「書き方で差別化するか」の2パターンです。通過するESや面接には必ず共通点があります。

「強みと長所」の違いを理解して自己PR出来る学生は差がつく

面接において面接官から「同じような質問」を繰り返されることがよくあります。その代表的なものが強みと長所。強みと長所が同じことを聞かれていると勘違いしている学生は、せっかくの自分をPRできる機会を損失しているともいえるでしょう。面接官は何を知りたがっているのか、どういった方向性で回答すればいいのか…まとめています。

自己PRで協調性をアピールすると評価されづらいのは何故なのか

「協調」という日本人の国民性として多く認識されている強みについて触れていますが、今回伝えたいことの本質は「~性」「~的」といったアピールでは、足りないって話をしていきたいと思います。面接官から見て何が足りないのか、そして逆に自己PRする際にはどんな点に意識を向けていくべきなのか…などなど解説しています。

就活で必ず聞かれる“困難を克服した経験”の回答方法

面接官は「何故困難な経験を聞きたがるのか」という設問の意図の解説をします。また「実は困難な経験や挫折した経験…正直ほとんどない」といった学生が、どのようにこの設問を攻略していけばいいのかについてもまとめています。この設問は大手企業であれば、必ずと言って聞かれてします切り口ですので、質問攻略のポイントをしっかりと頭に入れておいてほしいと思います。