内定ラボとは-ABOUT-

▶ 内定ラボ Top

▶ 内定ラボとは

選ばれる3つの理由

内定ラボは、限られた時間の中で納得のいく企業からの内定獲得を目指す大学生・大学院生のための就活塾
就職活動で一番成果につながりやすい部分に集中、そして効率重視型のカリキュラムを実現するために
「個別指導」「時間効率」「適正価格」の3つにこだわっています。

テーブルの上の青いライン

完全個別指導へのこだわり

内定ラボ開校以来、数千人規模の就活生の相談やサポートを通して実感していること。それは「一人一人置かれている状況や課題が違う」ということです。早期から就活準備に時間を割ける学生と就活解禁と共に動き出す学生、もうすでに就活が始まっている学生とでは「やるべきことの優先順位」が変わってきます。

もちろん時期だけの問題ではありません。挙げればキリがありませんが、文系と理系、学部と院生、持っている経験、志望する業界や企業によっても当然、意識すべき点は変わりますし、性格によっても「一人一人に合った進め方」は変わっていくものです。だからこそ、当塾では「一人一人に合ったサポート」にこだわり、完全個別指導のスタイルをとっております。

以下に「大学生(3年生・4年生)」「大学院生(修士・博士)」「留学生(海外留学中または日本へ留学中の方)」「就職浪人・既卒」「大学生(1年生・2年生)」それぞれに向けた、当塾からのメッセージおよび、当塾がどのようなことに重点を置いてサポートしているのかについてまとめました。

大学3年生・4年生の方へ

2018年通学コーステスト画像1

「インターン経由での採用の増加」や「短期就活」において成果を挙げるために何を意識していくべきか、ライバルに差をつけていくために当塾ではどういった対策をしていくのかをまとめました。

大学院生の方へ

2018年通信コーステスト画像1

大きく時間制限を受けてしまう院生就活。研究との両立、理系からの文系職種への就職など、院生ならではの重視すべき点を踏まえたサポートをしていきます。

留学中・留学生の方へ

今しか出来ないことで差をつける

「就活は帰国してから」という留学生が多い現状があります。そこで留学という経験を最大限活かすために、何を準備し、どう対策していくのかまとめてみました。

就職浪人・既卒の方へ

ハンデをどう乗り越え成果を出すか

1度目の就活と何を変えるべきか、就職浪人・既卒ならではの悩みや壁、そして現役学生に競り勝つには何が必要なのかまとめてみました。

大学1年生・2年生の方へ

留学期間中に最低限の準備を

自己分析など大学3年生になってからやれることではなく、今しか出来ないこととは何か、優先してやっていくべきことについてまとめてみました。

時間効率へのこだわり

2018年通学コーステスト画像1

「就活の短期間化」に伴い、選考以外の時間(平日深夜・休日等)で就活対策を効率的に進めていく必要性が高まっています。そこで内定ラボの「時間効率向上」の工夫についてまとめました。

適正価格へのこだわり

2018年通信コーステスト画像1

内定ラボでは“就活生に本当に必要なものだけ”を提供。「過剰なサービス」を排除し、本来力を入れるべき「内定獲得までのアフターフォロー」に注力し、低価格を実現しています。

セミナーサンプル画像A

セミナーサンプル画像B