どうも!就活塾「内定ラボ」の岡島です!

あなたは非通知の電話がかかってきたらその電話に出ますか?恐らく躊躇して出ないという人の方が多いと思います。

最近では非通知を拒否する機能もあったりしますので、非通知の電話には絶対に出ないと決めている方は非通知拒否の設定をしている方もいるでしょう。

ですが、実際に就活では企業から非通知で電話がかかってくることがあります。大手企業で歴史ある企業ほど「電話で連絡」が主流のような気がします。なぜ非通知で電話がかかってくるのか。また非通知は出ないと決め込んでいる方はどうしたら良いか解説していきます。

 

企業はなぜ非通知で電話を掛けるのか

最近ではリクナビやマイナビなどのナビサイトを使って就活生と連絡を取る企業が増えてきました。しかし、ナビサイトを利用していない企業は電話での連絡がメインになりますし、どうしても電話で伝えたいという企業もあります。

そういった企業の中には番号を通知しないで非通知でかけてくる企業もあります。何か試されているのか?と疑問をもつ学生もいるかと思いますが、何も試されていません。

理由は単純で人事部直通の電話番号を公表していない会社は番号を知られたくないため。

または人事部の電話番号は公表しいていても、一斉に多くの学生に電話をするため人事部の電話だけでは足りず他部署の電話を借りて電話をすることがあります。その際に多部署の電話番号を知られたくないため非通知でかけているだけです。つまり、番号を知られたくないという理由で非通知でかけてくる場合がほとんどなのです。

そもそも非通知で電話をすることが良いのかどうかという議論もありますが、それは一旦ここではおいといて非通知で電話がくる理由は企業側の都合だという事は理解してもらえたと思います。

非通知の電話に出なかった場合、選考に不利になるのか?

では非通知の電話に出なかった…でもその電話が応募した企業からだったとしたら選考に影響はあるの?と思う方もいると思います。

ですが、基本的に選考に影響することはありません。どうしても伝えたい内容であれば再度電話がかかってきます。実際、番号を通知して掛けても1回で電話がつながる学生は体感的には約半分くらいです。

このように番号を通知しても繋がらない学生はだいたい数時間後か翌日に折り返しの電話がかかってくるか、こちらから再度電話します。ただ、非通知の場合はどこからの電話かわかりませんから、折り返しが出来ません。

非通知の電話は出ないと決め込んでいて、ずっと電話に出ないと次の選考の日程が伝えられないため辞退と受け止められてしまって影響が出る場合もあります。そういう方にとっては選考に影響があるということになってしまいます。

非通知の電話は絶対に出たくないという方へ

非通知電話は出たくない!その気持ちは良くわかりますが就活期間中は企業から非通知でかかってくることも想定できますので、非通知拒否の設定をしている方は解除して非通知の電話も出るようにした方が良いです。

皆さんが実際に就活をはじめてから内定獲得をして就活を終えるまでの期間は長くて1年程度です。1年は確かに長いですが、企業側とスムーズにコンタクトを取る為にもなるべく非通知電話にも出るように意識してほしいと思います。

そうは言っても非通知電話に出て過去に嫌な経験をしたという方もいるでしょう。セールスの電話など正直めんどくさい電話ほど非通知でかかってくることが多いですよね。

非通知は絶対に出たくない!出ない!という方は、非通知電話でかかってきた電話を留守電になるように設定しておくと良いでしょう。企業もどうしてもあなたに伝えたい内容があるから電話をしてくるわけですから、もし、つながらなければ留守電にメッセージを残してくれる企業がほとんどです。

留守電を確認したらすぐに折り返し電話をするようにしましょう。

 

【今からでも間に合う!】
個別指導・時間効率・安心価格が特徴の就活塾なら

今後の事を考え、電話対応は出来るようにしておこう

冒頭でも述べましたが、最近はナビサイトやメールでのやり取りが主流になってきました。

また、就活生の皆さんは電話よりLINEやSNSで友達とやり取りすることの方が多いですよね。マイナビの2017年の調査では友達とのコミュニケーションツールはLINEが98%とダントツ。電話は…1%強です。電話は苦手という就活生が多いことがこの調査結果からも明らかにわかります。それに比べて企業人事(特に40代以降)は「連絡は電話」という考えを持っている方が多いのも事実です。世代ギャップですね。

ただ確実に言えるのは、実際企業に入社して社会人となった後はお客様とのやり取りを電話でする機会はたくさんあります。電話嫌いの方は克服する為にも就活で慣れておくのも入社後のことを考えると良いかもしれませんね。

 

・ 【最新版】大手複数内定者が“必ず”使っている…2つの無料就活情報収集サイトを使い倒す

・ 【2019年卒版】就職活動…1月になったら絶対にやるべき5つのこと

↑ この記事はすでに読んだので…と言う方…記事一覧はこちらからどうぞ

まとめ

・企業から非通知で電話が来るのは番号を知られたくないため

・非通知の電話に出なかったからと言って選考に不利になることはない

・ただ就活期間中は非通知電話にも出るようにしたい

・絶対に非通知は出たくないという方は留守電の設定をしておくこと

非通知の着信は、期待してしまいますよね。

是非、非通知の連絡がたくさん来る…そうした就活をしてもらいたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 非通知の着信が気になる…連絡が非通知である理由と正しい対処法
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

The following two tabs change content below.
岡島 達矢
就活塾「内定ラボ」代表。大学卒業後、東証一部上場の経営コンサルティング会社、株式会社船井総合研究所入社(現:船井総研ホールディングス)。その後、求人広告大手エン・ジャパン株式会社へ転職。管理職として300人以上の人事の本音を聞き続け、 大企業からベンチャー企業まで1000社を超える採用活動を支援。 採用コンサル経験を活かし、大学生の就活サポートをメインとした株式会社クリエイティブ・ラボを設立。 今年で6年目を迎え、忙しい大学生・大学院生のための効率重視型の就活塾「内定ラボ」の活動を通して、毎年数百名の就活をサポートし、大手複数内定獲得の実績を積み上げている。