「履歴書編」の記事一覧

成績が悪い…就活での影響と、成績証明書の重要度について

大学の成績が悪い学生にとって「成績証明書を持参してください」という言葉は、正直…焦りますよね。就活において何故企業側は成績証明書を確認したがるのか、またその効力は一体どれだけの影響を及ぼすのかについて解説していきたいと思います。成績が悪い事だけを理由に落ちるということはありませんが、成績に関する質問を通してボロを出してしまわないように、成績に不安のある方は必見です。

ESや履歴書に書く趣味・特技が無い…どうしたらいいのか?

「これからES・履歴書を書くのですが、趣味も特技もありません。どうしたらいいですか?」という相談を、毎年のように就活生から相談を受けます。就活において「無趣味」という回答はさすがに出来ません。そこで、その際の対処法を、人事が何故「趣味・特技」をそんなに聞きたがるのかの理由と共に、まとめたので参考にしてください。

「学歴フィルター」から考える就活を戦略的に乗り切る方法

「学歴フィルター」があるのかないのか…そんなことをお伝えしたいわけではありません。学歴フィルターは実際に存在するわけですから、あなたが考えるべきは「自身の学歴」を考慮して、いかに戦略的に就活対策をしていくか…だと思います。そのあたり学歴ラインごとに対策法を解説します。

履歴書の特記事項・本人希望記入欄に何を書けばいいのか

ESと合わせて…必ずと言っていい程に提出を求められる「履歴書」。その項目の中によく見かける本人希望記入欄というもの。そこには何を書くべきなのでしょうか。そして書かせようとしている企業側は、一体学生側に何を「期待」しているのでしょうか。そのあたりを人事の視点を交えて、履歴書をどういった方向性でよりよいものにしていくべきか…について解説します。

履歴書とエントリーシートの内容は同じでいいのか

選考が始まると「ESと履歴書」をセットにして提出するわけですが、そこで出てくる疑問が今回のテーマです。設問が一緒であれば、同じ回答をしていいのか…ということです。結論から言えば、ESが苦手な学生程一緒にする傾向が強いです。では、どうして同じ設問でも切り口を変えて書くべきなのか、履歴書やESを書く際に中止したほうがいいことについて、まとめてみました。

就活に有利な資格、役に立たない資格

就活準備として真っ先に「資格取得」を考える学生も少なくないでしょう。ですが資格と言っても就活で「有利」となる資格というのは、実に少ないのが実情です。とりあえず「何か持っていればいい」とか「無いよりはあったほうがまし」くらいの感覚で資格を取るのはお勧めしません。そんな時間があるなら、もっと効率の良い対策にその時間を投資すべきでしょう。何が有利で、何が役に立たないのか…解説していきます。

就活で差がつく!履歴書の書き方

履歴書で差をつける方法についてまとめていきます。一般的に「履歴書は手書きがいい」「大学指定のものを出すのが無難」など色々囁かれていますが、人事からするとどういった履歴書が「魅力的に映る」のでしょうか。書類選考において、意識すべき点をわかりやすく解説します。

このページの先頭へ