就活解禁直前!就活生が1月・2月に差をつけるためにやるべきこと

就活解禁の直前、正月明けの時間の使い方について、具体的に解説していきます。特に何を優先的にやるべきなのか、そしてついつい多くの就活生が時間の使い方として失敗してしまいやすいポイントをお伝えしながら、1月・2月の就活へのモチベーションの高いこの時期の、効率的な時間の過ごし方について、まとめてみました。

【2019年卒最新版】おすすめ就活サイトの組み合わせ方はこれだ!

就活サイトは、リクナビ・マイナビといった総合系のサイトもあれば、ベンチャーや外資などジャンルごとに強みを持ったものが多数あります。そこで、どういったサイトが世の中にあって、その中でもリクナビやマイナビと併用して使っていくのが望ましいものは何なのかについて、完全に独断と偏見でまとめてみました。

採用予定なし…人事など募集要項に無い人気職種で内定する学生の共通点

所謂…人気職種というのがあります。人事や総務、経営戦略室とか知的財産部門などなど、採用をやっている企業が数えるくらいしかない職種というのがあるかと思います。そうした採用をほとんどやっていないように見える職種でも、案外募集要項に載せていないだけで、採用は行っています。何故、募集要項に載せないのか、またそうしたレア職種で内定を取る学生にはどんな共通点があるのか、解説していきます。

説明会の無断欠席は即アウト…でも例外的に「選考に影響なし」がある

「説明会を無断欠席しました…もう選考諦めるしかないですよね」という相談をもらうことがあります。事情はどうあれ、即アウトが基本となりますが、一部「影響なしで選考に進める」ケースというのが存在します。企業側の無断欠席の考え方、無断欠席を起こさないための対処法、そして例外的にギリセーフとなる状況とは何なのかについて、解説していきます。

非通知の着信が気になる…連絡が非通知である理由と正しい対処法

これだけ通信手段が多様化する世の中で、就活は以前と「電話連絡」が多いですね。その際に、電話に出ることが出来なかったということが多々出てきます。相手は非通知になっているため、折り返すことも出来ずどこからの連絡だったのかもわからずで、モヤモヤした経験を誰もがすることでしょう。そうした非通知連絡に関しての正しい対応方についてまとめました。

最終面接での意識確認…第一志望と答えるが吉である理由とその例外

最終面接で「当社は第一志望ですか?」などと意思確認をしてくる企業が多くあります。この回答で失敗する学生が後を絶ちません。結論は第一志望で通す…なのですが、その理由と一部例外があるため、それをしっかりと理解しておいてほしいと思います。また複数内定を狙っていく上で必要な、意思確認における考え方についても解説していきます。

自己PR動画や履歴書・ESで必要な写真に、人一倍こだわるべき理由

総合商社・広告・エンタメ・航空など、人気業界で複数内定を獲得していく学生は、例外なく「写真」や「動画」で企業が求めている「要望」を見事にクリアしています。ESや履歴書、そして近年増えている自己PR動画など、写真や動画には人一倍こだわるべきです。間違った方向にこだわってしまい選考で落ちる学生が後を絶たないことから、失敗しない写真や動画についてのポイントを解説していきます。

選考が重なった!面接の日程変更や調整で評価を下げない唯一の方法

選考が重なることってよくありますよね。そこで面接の日程調整を依頼していくわけですが、大抵の企業はそれによっていい顔はしません。ですがそうした日程変更や調整をしたとしても、評価を下げない方法が一つだけあります。これを早いうちに理解しておくことで、不測の事態に対応できるようになるでしょう。その方法について、解説してきたいと思います。

面接で暗記と棒読みが評価を下げる理由と、暗記で評価を上げる方法

面接において「暗記はNG」で「棒読みなんて論外」という論調が多いですが、暗記は使い方次第で有効だったります。それは暗記が「何故面接で評価を下げてしまうのか」という本質を見誤っているからに他なりません。しゃべることに苦手意識がある学生からすると、どうしても暗記したくなると思いますが、その暗記を有効に使うには、また伝える力を伸ばすには何が必要か、その方法について解説していきます。

当社の印象・会社の印象を教えて下さい。の質問で評価を上げるには

「会社の印象を教えてください」という定番質問。この質問は、意図せず「評価を下げてしまう学生」が後を絶ちません。自分の率直な印象を伝えたのに、面接官からマイナスの印象を与えてしまうことがある要注意質問の一つです。何故、評価を下げるのか、また評価を上げる回答とはどんなものなのか、具体例を交えながら解説をしていきます。

1 / 1312345...10...最後 »
サブコンテンツ

このページの先頭へ